HERNO(ヘルノ)_ブルゾン_GC217UM/M_Outer

型番 838520211
定価 226,800円(税16,800円)
販売価格
113,400円(税8,400円)
カラー
サイズ
購入数
【商品コメント】
■HERNO(ヘルノ)_Pierre-Louis Mascia(ピエール=ルイ マシア)コラボダウンコート■

1948年創業のヘルノのルーツであるコートの裏地が当時はシルクのプリントであったことから、クラウディオ・マレッツィ代表取締役が、独自のグラフィックでテキスタイルを発表しているピエール=ルイマシアに直接オファーし、実現したコレクションです。

ヘルノの機能性と、ピエール=ルイ・マシアのカモフラージュ柄を表地に使用し、魅力あふれるブルゾンになっています。
ラグランスリーブでオーバーサイズに仕上げたバランスが、新鮮な印象です。

着脱可能なライナーが付いていますので、3シーズン楽しんでいただけるアイテムです。

【HERNO(ヘルノ)】
1948年、北イタリア・ミラノ郊外マジョーレ湖畔でジュゼッペ・マンツィ氏によって創業されました。レーザ地区の町に流れる川”Erno(エルノ川)”にちなんで、ブランド名を”ヘルノ”とし、レインコートメーカーを設立。当初から職人の優れた技術と決して妥協することない素材への探求がラグジュアリーなアウターブランドとして育まれました。
創業者の息子であるクラウディオ・マレンツィ氏は、ファミリーに受け継がれたサルトリアの伝統を守りながらアウターウェアの真髄とモダニティの革新を追及し続けています。
伝統とクオリティーを大切にしながらも、未来的素材を融合して進化する斬新なアウターウェアを創造していくことで、卓越した縫製・カッティング技巧で表現する美しいシルエットと機能美と快適さを兼ね備えた未来的素材の融合により本質的なリアルクローズをHERNOは提案します。

【Pierre-Louis Mascia(ピエール・ルイ マシア)】
イラストレーターとして活躍する、フランス人デザイナーのピエール・ルイ マシア氏による、プリントスカーフを中心としたファッションアクセサリーブランド。2017年秋冬は、「ニュートライブ」をテーマに、プリミティブアートや長い間眠っていた民族達の伝統からインスパイアを得て、それを柄に落とし込んでいます。ニット柄、ジャガードの断片、植物繊維、柔らかな羽毛など、自然な色でできた民族の織物が、デザインを彩ります。



【MATERIAL】
本体表生地 コットン 100% 裏側 トリミング部分 ポリウレタン 66% ナイロン 34% ライナー 表生地・裏生地 ナイロン 100% 中わた ポリエステル 100%

【COLOR】
オリーブ

【サイズについて】
46:身頃59cm×裄丈79cm×着丈79cm
48:身頃60cm×裄丈80cm×着丈80cm

【生産国】
イタリア製

※素材の特性上、寸法に多少の個体差がある場合がございます。